ホーム > 商品への想い > 活性酸素のしくみ/抗酸化作用/白金ナノコロイド

活性酸素のしくみ

■ お肌の老化の原因「活性酸素」とは?

活性酸素とは、例えば私たちが呼吸する事により、体内に取り入れた酸素のうちの2%が強い活性酸素となります。
活性というと良いイメージがありますが、この活性酸素はいわば悪玉酸素です。酸化(物質が酸素と化合する反応)によってクギがサビるのと同じ様に、私たち人間もこの活性酸素によって酸化され、老化していきます。加齢することで、活性酸素を除去するSODの生成が体内では追いつかなくなります。

そうなってしまうと、活性酸素の代謝バランスは崩れ、みるみるうちに増加してくる様になります。こうなると様々な悪影響を体に及ぼしますが、お肌でいうと、メラニン色素の生成が増えていくわけです。

メラニン色素が増えると言う事は、シミやそばかすが出来たりと、お肌自体も老化現象の道を進んでいく訳です。
 

■活性酸素が生まれるまで・・・

Scene1


呼吸することで酸素が体内に入る。
Scene2


血液中の赤血球で細胞にくまなく運搬。
Scene3


細胞内で糖分や脂肪を燃やしエネルギーを発生させる。
Scene4


このときに、燃えた酸素の2%が活性酸素に変身!

■2面性を持つ活性酸素

 ●身体にいい面 ~殺菌・消毒作用~●

傷口の細菌を殺すオキシドール(過酸化水素水)は実は活性酸素のことです。私たちの身体は活性酸素なしでは細菌から身を守れないのです。


 ●身体に悪い面 ~正常な細胞を傷つけ、酸化させる~●

私たちの細胞の一つ一つは不飽和脂肪酸の膜におおわれています。活性酸素は油が大好きで、不飽和脂肪酸(*1)と結びついて細胞等を酸化させてしまいます。

(*1)不飽和脂肪酸とは?
人間の細胞はおよそ60兆個の細胞から構成されており、
その細胞の一番外側にある細胞膜が「不飽和脂肪酸」
という油で出来ています。


 

■4つのタイプがある活性酸素

1. スーパーオキシド
細胞内のミトコンドリアが酸素からエネルギーを作る時に出来てくる物である為、生きている限りこのスーパーオキシドの発生は避けることが出来ない。

2. 過酸化水素
たいへん不安定な物質で毒性が強いので、殺菌・消毒・漂白剤などにもちいられる。

3. 一重項酸素
強力な酸化力のある活性酸素として作用し、皮膚がんなどを引きおこす原因となる。

4. ヒドロキシラジカル
生活習慣病やがんを引きおこし、老化を早めるもっとも恐ろしい活性酸素。

 

■ 活性酸素から身を守るスカベンジャー

スカベンジャー(抗酸化物質)は活性酸素の攻撃から身を守る働きをする物質の事で、私たちの身体の中にはその強力なスカベンジャーが備わっています。
その代表的な酵素がSODです。

体内で作られるスカベンジャー
・SOD ・グルタチオンペルオキシターゼ ・グルタチオン
 
体外から取り入れるスカベンジャー
・ビタミンC ・ビタミンE ・βカロチン ・ビタミンB群etc・・・

■ SODとは?

SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)とは動植物の中で作られる酵素の事を言います。勿論、私たち人間の中でも作られており、活性酸素を消去する機能を持っています。若い頃は、このSODを大量に作ることが出来るので、活性酸素から身を守ることが出来ますが、実際は20歳を過ぎた辺りから確実にSOD生産能力の低下が始まっており、40歳を超える頃にはほとんど作られなくなります。また、環境悪化のために若年層でも体内で産出されるSODでは足りなくなってきています。お肌のトラブルの原因もこのあたりにあるのではないかとされています。
 

年齢によるSOD誘導体(SOD能力)▼

■ スカベンジャー(抗酸化物質)が働くメカニズム

スカベンジャーは何種類も存在しますが、それぞれが独自に活性酸素を無害化しているわけではありません。お互いの不足部分を補いつつ、図のような順で活性酸素を変えていくのです。活性酸素から身を守る為には、体内で作られる酵素だけに頼るのではなく、スカベンジャーを含む食物をバランスよくとる必要があります。
 

 

白金ナノコロイドとは?

白金ナノコロイドは、東京大学の産学連携ベンチャーにより開発されました。
白金ナノコロイドは、効率良く過剰な活性酸素を消去し、しかも全ての種類の活性酸素を消去できるところが食品中の抗酸化物質にくらべ遥かに優れていることが確認されております。

■ 白金ナノコロイド

 世界には万病に効くと言われる「奇跡の水」が存在し、現実に数多な症例が報告されています。

 その原因は未だ証明されていませんが、これらの「水」には、一般的に還元力があり、その還元力が体内の活性酸素を減少させ、結果、万病に効くという説が有力視されています。

 私たちはこの「還元力」に着目し、工学的なナノテクノロジーを用いてアプローチすることで、従来の成分解析では見つけられなかった「特性」をナノレベルで解明することに成功しました。

 そこで、その「還元力」を人工的に再現し、利用を推進することで、広く人類の健康維持、増進に寄与したいと考えたのです。

 このため東京大学に研究の中心を置き、公益観点を推進するために特定非営利活動法人バイオテックコンソーシアムを設立、更にビジネス推進母体としています。

 白金ナノコロイドは、東京大学発の産学連携ベンチャーとして、生命科学にアプローチするプロジェクトを推進しております。
 

老化を知らない肌へ ~老化を防ぐメカニズム~

■ 白金ナノコロイドの活性酸素消去能
 活性酸素にはスーパーオキシドアニオン、過酸化水素、ヒドロキシルラヂカル、一重項酸素などがあります。

 白金ナノコロイドは全般的に高い活性酸素、ラジカル消去能を有し、ロジウムナノコロイドは一重項酸素消去能に特に高い効果があることが分かりました。
 



■ 活性酸素の種類

 活
 性
 酸
 素
 の
 種
 類
・スーパーオキシドアニオン
エネルギーの代謝により発生し反応性が高い。条件が揃うとヒドロキシルラヂカルになる。
・過酸化水素
白血球の食菌作用を助け、反応性は低い。条件が揃うとヒドロキシルラヂカルになる。
・ヒドロキシルラヂカル
最も強力で危険な活性酸素。反応性が極めて高く、SODが効かない。
・一重項酸素
紫外線などの影響で発生SODが効かない。体内の過酸化脂質と連鎖反応を起こす。



■ 各項酸化物との比較

試料 最終濃度
(μM)
O2発生
阻害率(%)
O2-発生
阻害率(%)
ラジカル
消去率(%)
ロジウムナノコロイド
(Rh-PVP)
10 48.1 17.2 3.5
1 8.9 7.9 -
白金ナノコロイド
(Pt-PVP)
10 39.6 42.6 86.7
1 14.3 4.4 79.6
βカロチン 10 70 - -
トコフェロール
(ビタミンE)
300 53.6 - -
40 - - 75.5
4 - - 5.5



■ Pt-PVPと食品中の抗酸化物質との違い
食品中のビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質は、活性酸素を還元し消去する時に自らが酸化されてしまい、何らかの別のルートで再び還元されない限り一回しか活性酸素を消去できません。また、こうして一度酸化され元に戻れない抗酸化物質そのものが生体分子を酸化してしまうことさえあります。更に、食品中の抗酸化物質は、単独では全ての活性酸素の消去に対応できません。

 これに対し、Pt-PVPは触媒として機能するため自らが酸化されることなく、効率良く過剰な活性酸素を消去し、しかも全ての種類の活性酸素を消去できるところが食品中の抗酸化物質にくらべ遥かに優れています。

アクアリッチモイストローション


送料:2セットお買い上げで送料無料

 


容量:1セット(60ml3本入)/ 価格:8,000円(定価)+税: